天使の羽根の出し方【施術歴25年の鍼灸師が肩甲骨を美しく浮かせます】

[surfing_voice icon=”https://kireinomi.com/wp-content/uploads/2017/04/kao3.jpg” name=”” type=”l” bg_color=”” font_color=”000000″ border_color=”e0c38c”]記事を読んでいただき、ありがとうございます。
あなたの「やってみよう!」という気持ちを応援する、セルフケアお助け鍼灸師の伊東 歩です。

今回の記事では施術歴25年の経験から、簡単にできる「天使の羽根」の出し方をお伝えします。肩甲骨を立体的に浮き上がらせて、魅力的な背中にしましょう。

結婚式などで着るビスチェタイプのドレスや、背中の開いた水着を着る予定のあるひとは必見!
読み終わると、3分でできる「天使の羽根エクササイズ」のコツがわかりますよ。[/surfing_voice]

肩甲骨が見えなくなる理由

「あの人の背中、キレイ」

というとき、肩甲骨がしっかりと浮き出ています。
俗に「天使の羽根」と呼ばれる立体的な肩甲骨は、女性なら手に入れたいって思いますよね。

反対に肩甲骨が背中と一体になっていて「ペタ~」っとしていると、目の錯覚もあって太って見えてしまいます。

肩甲骨は固定されていない

肩甲骨が立体的に浮き上がっているひともいれば、どこにあるのか分からないくらい一体化しているひともいる。

どうしてこんなに個人差があるのか。

それは、肩甲骨が胴体に固定されていないからです。

肩甲骨は、上腕骨という腕の骨と、鎖骨という首のつけ根にある骨の2つと関節をつくっています。つまり、骨同士の連結ですね。

でも、肋骨や背骨とはつながってない!

僧帽筋・前鋸筋・小胸筋・肩甲挙筋・大菱形筋・小菱形筋という6つの筋肉が、肩甲骨を支えているんです。
このため背中の部分では、肋骨の上を滑るように上下左右に動くんですね。

猫背と巻き肩が原因

ですから、「猫背」の姿勢になると簡単に肩甲骨が外側に移動。
さらに肩が前に出る「巻き肩」のひとは、肩甲骨も前に引っぱられる。

外側と前に引っぱられた肩甲骨は、もはや行方不明。
肋骨と一体になってしまって、どこにあるかわかりません。

天使の羽根のつくりかた

肩甲骨が見えなくなってしまう理由は、

猫背や巻き肩姿勢によって
外側と前に引っぱられてしまうから。

ということは、立体的な肩甲骨に戻すには、

○ 猫背・巻き肩姿勢の改善

○ 肩甲骨を真ん中に戻す

の2つが大事。

[surfing_voice icon=”https://kireinomi.com/wp-content/uploads/2017/04/kao3.jpg” name=”” type=”l” bg_color=”” font_color=”000000″ border_color=”e0c38c”]いろいろなタイプの女性をみてきて、猫背と巻き肩の改善よりも、肩甲骨の位置を戻すほうが簡単です。

理由としては、猫背や巻き肩は骨や関節の問題、肩甲骨は筋肉の問題だから。
筋肉のほうが、早く変化が出てきます。[/surfing_voice]

すごく極端な例として、「翼状肩甲(よくじょうけんこう)」があります。
これは、肩甲骨を支える前鋸筋が麻痺(ゆるむ)して、肩甲骨が中央に寄って翼のように浮き上がっている状態。

つまり、肩甲骨のまわりの筋肉をゆるめると、翼のように立体的になるってことです。

これからお伝えする体操とストレッチは、どれも肩甲骨を動かすための方法。
結果的には猫背や巻き肩も改善するのですが、肩甲骨に効くことを優先しました。

まずは、固まってしまった筋肉をゆるめて、肩甲骨を肋骨からはがしてあげましょう。
これだけでも、肩甲骨が浮き上がってきますよ。

① 肩甲骨を肋骨からはがす体操

まず、腰のうしろで下の写真のように指を組みます。
猫背と肩コリを改善するストレッチ方法

上半身を真っすぐにキープしたまま、息を吐きながらゆっくりと腕を上げましょう。
猫背と肩コリを改善するストレッチ方法

痛むところまで上げなくても大丈夫。
腕や胸の筋肉が、気持ちよく伸びるのを感じましょう。

息を吐きおわったら、こんどは息を吸いながらゆっくりと腕を降ろします。

この体操を続けていると、肩甲骨が肋骨からはがれて、しかも猫背まで改善していきます。

朝晩1分ずつ、やってみてください。

そして、あなたが
「わたしって、肩が前に出ちゃってるのよね…」
という自覚があるなら、ちょっと上級編にもチャレンジしてみましょう。

【上級編】腕のねじれを取ろう!

さきほど、腰のうしろで指を組んでもらいました。
その形から、手のひらをくるっとひっくり返しましょう。

猫背と肩コリを改善するストレッチ方法
猫背と肩コリを改善するストレッチ方法
胸を張りながらやると、手首の負担が少なくできます。

その状態から、同じようにゆっくりと腕を上げましょう。
猫背と肩コリを改善するストレッチ方法

わたしが実際にやってみました

ちょっと動きが分かりにくいと思うので、実際にやってみました。
動画で、天使の羽根づくりのコツをつかんでくださいね。

② 肩甲骨を真ん中に寄せる

さあ、筋肉がゆるんだところで、こんどは肩甲骨を積極的に真ん中に寄せていきましょう。

まず、手のひらを正面に向けた状態で「バンザイ」をします。
 猫背と肩コリを改善するストレッチ方法

手は上げたまま、左右の肩甲骨を真ん中に寄せましょう。


「肩甲骨、動かない…」という硬いひとは、
「寄せよう」とするだけでもオッケー。

そうしたら、肘を曲げながら腕を下していきます。

※ここ大事です!

腕を下してくると、さきほどよりも肩甲骨が真ん中に寄せやすくなります。
胸を張るように意識しながら、肩甲骨を寄せながら腕を下げましょう。

 猫背と肩コリを改善するストレッチ方法
手のひらを正面に向けたまま、肘が脇に着くまで下します。

このエクササイズは、大胸筋や小胸筋などの胸の筋肉のストレッチと、菱形筋の筋トレも兼ねています。

そうすると肩甲骨が浮き出て、天使の羽根がはっきりと分かるようになるんです。

肩こりも楽になるので、朝晩1分ずつやってみましょう。

天使の翼をもっと大きくしたい!

「もっと頑張りたい」
「本番まで、時間が無いのっ」

というひとは、次のエクササイズも良いですよ。

手は下したまま、手のひらを正面に向けます。
そして、肘を背中の中央に寄せましょう。
猫背と肩コリを改善するストレッチ方法

このとき腕だけにチカラを入れるんじゃなくって、肩甲骨の内側にもチカラを入れて、肩甲骨ごと真ん中に寄せます。
  猫背と肩コリを改善するストレッチ方法  

これ以上、真ん中に寄らないところまできたら、そのまま肘を「お尻」の方に下げていきましょう。
こうすると、デコルテのあたりが広がるのが感じられると思います。

この体操のメリット

まず、二の腕が引き締まります。そして、首のつけ根のお肉が取れるので、肩周りがとてもスッキリしたラインになります。

まとめ

肩甲骨を浮かせて、天使の羽根を出すためのセルフケアは、

○ 肩甲骨のまわりの筋肉をゆるめる
○ 肩甲骨を内側に寄せる

ことがコツ。
はじめはうまく動かなくても、やっているうちにできるようになります。
必ず。

短い時間でもいいので頑張って、魅力的な背中をつくりましょう!

お伝えした体操とストレッチを続けていると、猫背や巻き肩も改善していきます。
ぜひ、ためしてみてくださいね。

関連記事

  1. ツボを使って【冷え性】を克服するなら「手先と足先のツボ」がお…

  2. 瞑想にはどんな効果が? ストレス緩和・ダイエット・集中力アッ…

  3. 【納豆】で便秘解消するなら【味噌・漬け物】の乳酸菌といっしょ…

  4. 寝ながらできる【反り腰改善3つのストレッチ】鍼灸師がおすすめ…

  5. お腹のツボ

    鍼灸師おすすめ【便秘解消ツボ】の見つけかたを解説します

  6. なやみ

    家族の病気と罪悪感 その1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP