1. TOP
  2. スキンケア
  3. 顔の血行を良くする方法 【施術歴21年の鍼灸師が実証済み5つの秘訣】

顔の血行を良くする方法 【施術歴21年の鍼灸師が実証済み5つの秘訣】

こんにちは、『キレイの実』編集長&鍼灸師の伊東 歩です。

美容鍼のクライアントさんから、「顔の血行を良くする体操とか、ストレッチってないですか?」と聞かれることがあります。

顔の血行の良し悪しって、そのままお肌の状態にあらわれるので、本人も気にしているんですね。
そんなときは、なるべく詳しくセルフケアの方法を伝えるようにしています。

わたしも最近、顔のくすみや肌荒れが気になって…
色んなスキンケアを試したんだけど、あんまり変わんないのよ。
それで、顔の血行を良くするといいんじゃないかなと思ってね。
どうかしら?

そうですね。根本的に改善するには、とっても良いと思います。
顔の血行を良くするには、いくつかポイントがあります。

この記事を読むと、①すぐに顔の血行が良くなる方法 ②根本的な血行改善方法 の両方がわかりますよ。

顔の血行が良くなると肌が潤う

血液は、お肌の潤いに必要な水分や栄養、そして新陳代謝やターンオーバーを促すホルモンを運んでくれる、美肌にとって欠かせないもの。
つまり、アンチエイジング対策にとって一番大切なのが、血液を肌細胞に届けることなのです。

顔の血行を良くすることは、次のような悩みを解消するきっかけに。

  • 乾燥肌
  • ニキビ
  • しみ・シワ
  • 肌のくすみ
  • 目の下のくま
  • 肌荒れ
  • 目の疲れ
  • 肌のハリ

このように、肌質アップに必要な血行ですが、どうして悪くなってしまうのか。

顔の血行が悪くなる原因

加齢によるもの以外に、生活習慣の影響が大きい血行。次の項目に心当たりはありませんか?

  • 肩こり
  • ストレス
  • 喫煙
  • 睡眠不足
  • 慢性疲労
  • 食生活の乱れ
  • 運動不足
  • 姿勢の歪み

姿勢の歪みは▼こちらの動画▼でチェックできますよ。

原因のなかには、ストレスや疲れなど、すぐには変えられないこともあると思います。
今回は、比較的早く結果の出る方法をお伝えしますね。

顔の血行を良くする方法

その1:肩をゆるめる

クライアントさんの施術をしていると、肩コリが取れると同時に、お顔のくすみや目の下のくまがとれて透明感が出てきます。
これは血流が良くなったことによるもの。

猫背や、顔を前に突き出したような姿勢だと、首のまわりの筋肉が硬くなるので、顔への血行が悪くなってしまうんです。

たしかに、パソコン作業が長いと、いつの間にか画面に顔を近づけちゃうのよね。

自分でも何となく姿勢は悪いんだろうなって思ってたけど、顔のくすみや乾燥にも影響あるなんて…

小豆カイロで肩をゆるめる

肩こりを取る方法はいろいろありますが、顔の血行をよくするなら【小豆カイロ】がおすすめ。
ジェルタイプで繰り返し使える「ゆたぽん」のようなものでもいいのですが、私は小豆カイロのフィット感が好きです。

綿100%の布袋に、小豆を入れるだけの簡単手作りカイロ。

IMG_0954-12

適度な重みと温かさが、なんとも言えずリラックスさせてくれますよ。
作り方や温め方などは、▼こちらの記事▼にありますので参考に。
【縫わない小豆カイロ】の作り方 「450円で出来た!」

肩コリの程度次第ですが、5分から10分、あったかいカイロを乗せていれば、だんだんと肩の筋肉がゆるんできます。
さらに3分でできる、こんなストレッチも効果的ですよ。

そうしたら次は、丸まった背骨をストレッチして伸ばしましょう!

丸まった猫背を伸ばす

まずはバスタオルを用意してください。それを2、3回たたんだあと、筒状に丸めます。

次に、床の上に丸めたバスタオルを置いて、その上に寝転がります。そのとき、背骨の部分にバスタオルが縦に当たるように。

下の写真は、裏から見た図。この位置にタオルが当たるようにして、上向きに寝てくださいね。
※裏から見た図。この位置にタオルが当たるようにして、上向きに寝てくださいね。

そして、手の平を上向きにして、呼吸を吐くと同時に全身のチカラを抜きます。

「どのくらいの時間やればいいの?」と、よく聞かれますが、最初は1分くらいからはじめて、慣れてきたらご自分の感覚で時間を伸ばしてください。

こうすることで、顔の血行が良くなるだけでなく、肩こりも取れてラクになりますよ。

さらに、このストレッチをすると猫背を改善しやすくなります。

ガンコな肩こりなら、▼こちらの記事▼のストレッチがおすすめです。

肩こり解消!簡単ストレッチ【図解で分かる】 今ラクになる5つの方法 ≫≫

その2:顔のマッサージ

ツボを使った顔のマッサージも、顔の血行を良くするには有効です。

次の5つのツボに指を軽くあてて、クルクルと優しく回してみましょう。顔の皮膚は薄くてデリケートなので、肌をこすらないように、「ちょっと足りないかな」くらいでマッサージしてください。

ほうれい線を消すツボの場所

【巨髎(こりょう)】は、眼の黒目の真下で、鼻孔(鼻のあな)の横に。そこから、指一本半くらい外側に、【顴髎(こりょう)】があります。

そして、口角のすぐ外側にある【地倉(ちそう)】。この3つは、ほうれい線にも良いツボなので、それぞれ10秒ずつくらいマッサージしてみましょう。

目の下のたるみを解消するツボの説明

【四白(ようはく)】は、黒目の真下で、眼から指一本くらい下にある骨のすぐ下にあります。そして【陽白(ようはく)】は、黒目の真上で眉毛の指一本分上のツボ。

この2つのツボは、目の疲れを取って、目をパッチリさせてくれますので、ぜひためしてみてください!

ツボの効果をパワーアップ

ご紹介したツボは、どれも顔の血流をアップして、お肌のコンディションを改善してくれます。

そこで、さらにツボの効果を引き出すのが、「刺さない鍼」。

最近、「いつも先生が貼ってくれるやつ、テレビショッピングに出てたわよ」とクライアントさんが教えてくれたのが、「刺さない鍼」です。

話題の「美容鍼」を手軽に体験!ささない鍼 Acu Life(アキュライフ)

使い方はかんたん。お伝えしたツボの場所に、ペタッと貼るだけ。

うちでは、「美容鍼をやってみたいけど、ちょっと怖い…」というひとに、まずはコレを貼ってみてとためしてもらっています。

みなさん、週末の夜に貼って、翌日の朝にはがすという使い方が多いですね。

顔の血流をあげて、もっと潤う肌になりたい!というひとは、ぜひおためしください。
150粒入っているので、半年間はこれで大丈夫ですよ。

顔の「あいうえお」体操でストレッチ効果

大きく「あいうえお」の表情をするだけですが、ストレッチ効果で血行が良くなります。

「あ」

ほうれい線を消す、あいうえお体操のダメな「あ」の説明
「あ」のコツは、アゴだけを下げないこと。

ほうれい線を消す、あいうえお体操の正解の「あ」の説明
唇をなるべく広げるように意識してみましょう。

「い」

ほうれい線を消す、あいうえお体操の「い」の説明

口角をなるべく横に広げるように。

「う」

ほうれい線対策の、あいうえお体操の「う」

「ちゅー」をするように唇を突き出しましょう。 

「え」

頬のたるみを解消する、あいうえお体操の「え」の説明

ちょっと難しいかも。口を開けつつ、口角を上に引き上げてみましょう。

「お」

ほうれい線を薄くする、表情筋あいうえお体操の説明

アゴをちょっと下げながら、口を突き出しましょう。

この体操は、表情筋を使いながら血流を良くするので、顔全体が引き締まってきます。
たるみにお悩みの方には、とってもおススメですよ。

その3:耳回し体操で血流改善

リンパ液が滞ると、皮下組織の圧力が高くなってしまうので、結果的に血行も悪くなってしまいます。
顔のリンパは耳の近くに集中していますので、【耳回し体操】で流れを復活させましょう。

まず、耳を掴むのですが、下の掴み方だと上手くリンパが流れません。

耳回しの間違ったやり方

人差し指と親指を使って、耳の根元を掴みましょう。
耳回しの正しいやり方
上の写真を参考に、親指がピタッと密着する感じで。

そうしたら、できるだけ大きく、ゆっくりと回しましょう。
目の下のたるみを取る耳回し

親指をメインに、時計回りと、反対回り、両方やってみてください。

顔のむくみに悩んでいるなら、ぜひ頑張って!
むくみがスッキリしてきますよ。

注意するポイント

耳をつかんで回しているとき、「耳の穴が痛いな」と感じたら、ちょっと引っ張りすぎかも知れません。耳を回すというより、耳の周りの皮膚を大きくゆっくり動かすようにしてみましょう。

その4:蒸しタオルで温める

これは、今すぐ顔の血行を良くしたいときにおススメの方法。

  • フェイスタオルを濡らす(ハンドタオルだとすぐに冷めてしまう)
  • 軽めに絞る(キツく絞るとあまり温まらない)
  • ビニール袋に入れて、電子レンジで30秒~1分温める
  • やけどに気をつけて袋から取り出し、適温になったら顔にのせる

「これから人と会うのに、顔のくすみを取って、目の下のクマを薄くしたい」
というような時に、ためしてみてください。

コツは、なるべく広く顔を覆うこと。できれば耳やアゴの下まで覆うようにすると、リンパの流も良くなります。

目の下のクマだけなら、小豆カイロを目の上にのせるのも、お手軽でいいですよ。

その5:血行を良くする食べ物

これは、顔の血行に限った食べ物ではありませんが、全身の血行が改善することで、自然と顔の血行も良くなります。

  • しょうが
  • にんにく
  • ブロッコリー
  • 玉ねぎ
  • ゴマ
  • 唐辛子
  • 味噌
  • 納豆
  • しょうゆ
  • お酢
  • 根菜類(人参・かぼちゃ・ごぼう・山芋など)
  • 昆布
  • アーモンド
  • 蕎麦
  • 玄米
  • ほうじ茶

逆に、血行を悪くする食べ物の代表は、砂糖。
そして、精白米や白パンなどはカラダを冷やし、血行を悪くしますので摂り過ぎに注意しましょう。

まとめ

顔の血行を良くするセルフケアのコツは、① 肩をほぐす ② ツボを使う ③ 耳回しでリンパを流す ④ 蒸しタオルで温める ⑤ 食事 の5つ。
どれも肌細胞に栄養を届け、ターンオーバーを促進してくれるスキンケアなので、「たるみ」や「しみ」で悩んでいるひとはぜひ、おためしください。

そして、下にある【体質別ダイエットBook】であなたの体質に合った生活の工夫をすると、顔だけでなくカラダの血行もよくなり、肩こりや冷え、便秘などの悩みまで改善します。

ぜひ、読んでみてくださいね。

 

\ SNSでシェアしよう! /

女性の悩みを専門家が解決! キレイの実®の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

女性の悩みを専門家が解決! キレイの実®の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!