脚が冷えるのは【ふくらはぎ】が硬いからかも

脚が冷える理由

第二の心臓と呼ばれるふくらはが硬いと、下半身の血流が滞り、脚が冷えてしまいます。

かと言って、ただストレッチをしたり手で揉んだりしても、気がつけばまた硬くなっている。

そんな頑固なふくらはぎを柔らかくするには、

歩き方

を変えてみましょう。

歩き方で冷えを改善

足首を使って歩くクセがある人は、ふくらはぎが硬くなり、脚が冷えてしまいます。

「私って、せっかち」
「いつも焦っている」
「考え事をしながら歩く」

という人は、今回のyoutubeの歩き方を参考にしてみてください。気持ちまでゆったりとしてきます。

まとめ

脚の冷えを改善するなら、ふくらはぎを柔らかくすること。そのためには、歩き方を工夫してみましょう。

関連記事

  1. ツボにお灸をして肩こりを解消!施術歴25年の鍼灸師がおしえま…

  2. 他人を信頼できない人に【 量子場調整 】をすすめる理由

  3. お腹のツボ

    胃の不快感をちょっと楽にする量子場調整

  4. お腹のツボ

    便秘と背骨

  5. 生きる気力が湧かないとき

  6. 瞑想にはどんな効果が? ストレス緩和・ダイエット・集中力アッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP