冬のランニング&ウォーキングの前におすすめの準備体操

冬ならではの準備が必要

「先生、膝が痛くて走れない~」

せっかく健康のために走ったり歩いたりしても、冬のこの時期、足首や膝を傷める方がいらっしゃいます。

今日もそんな方が施術を受けにいらっしゃいました。

冬にランニング&ウォーキングをするなら、まずは準備運動。

気温が低い時期は血流が悪くなり、筋肉が硬くなってしまいます。

いくら厚着をしても、筋肉の細部まで温かい血液が流れるには時間がかかるので、

まずは室内で数分足踏みをしましょう。

ちょっと面倒くさいですが、それだけでも筋肉や腱、関節の負担がぐっと減ります。

 

さらに。

人それぞれ、走り方や歩き方のクセがあるので、特定の筋肉だけを使っていると怪我をしやすいです。

1つの動作に複数の筋肉が使えると、それだけ負荷が分散されて動きも滑らかに。

 

怪我の予防とパフォーマンスアップのための体操と調整を、昨日のyoutubeライブではご紹介しています。

できればまず1分ほど走ってみて、それからyoutubeで紹介した量子場調整をしてみてください。

走り(歩き)慣れている人ほど、その違いが分かると思います。

まとめ

冬の寒い時期のランニング&ウォーキングの前は、室内で準備運動をしましょう。

ほんの数分の足踏みだけでも、筋肉の負担が軽くなりますよ。

関連記事

  1. 寒くても首・肩がこらない方法

  2. 「片足だけむくむ&冷える」のは骨盤の歪みが原因

  3. 【NHKあさイチ】重い荷物を軽く持つ方法&疲れない家事のやり…

  4. ワクチンの影響を減らそう【内臓デトックス】

  5. 脚が冷えるのは【ふくらはぎ】が硬いからかも

  6. ストレスと腰痛の【深~い関係】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP