漢方薬で風邪を撃退!引きはじめの【1時間】が勝負です

[surfing_voice icon=”https://kireinomi.com/wp-content/uploads/2017/04/kao3.jpg” name=”” type=”l” bg_color=”” font_color=”000000″ border_color=”e0c38c”]記事を読んでいただき、ありがとうございます。
あなたの「やってみよう!」という気持ちを応援する、セルフケアお助け鍼灸師の伊東 歩です。

今回は、風邪の引きはじめにパッと撃退しちゃう漢方薬をご紹介。

風邪は、最初の対処法を間違うと、重い咳が何カ月も続いたり、下痢を起こしたり、体力がどんどん落ちて悪循環にハマってしまいます。

引きはじめが勝負です![/surfing_voice]

風邪の引きはじめにオススメの漢方薬

ずばり、

葛根湯(かっこんとう)です。

葛根湯は、飲むタイミングを逃さなければ、風邪を撃退してくれます。

風邪はどこから入ってくる?

東洋医学では、風邪は

皮毛(ひもう)

から侵入すると考えれられています。

皮毛とは、皮膚、産毛、汗腺などのこと。

そのあと皮膚表面から、肺や胃腸の粘膜へと深く入り込んでいきます。

症状でいうと、

【ぞくぞくとした寒気】

【鼻水or喉の違和感】

【乾いた咳】

【痰の絡んだ咳or胃腸症状】

というように、変化することが多いです。

 

一度咳が出始めると、なかなか治まらない風邪。

それは、風邪がカラダの奥深くに入り込んでしまうと、
外に出すのが難しいから。

でも!

風邪がまだ、皮膚表面にいる時にやっつければ
その場でスッと楽になってしまうんです。

それを助けてくれるのが、

葛根湯(かっこんとう)。

葛根湯を効果的に飲む方法

ただし、葛根湯が適しているのは

「ぞくぞく」

と寒気がしている、ほんの数時間だけ。

寒気を感じてから数時間たつと、粘膜の深いところまで風邪が入り込むので、葛根湯では届かなくなります。

ですから、この時期はドラッグストアなどで売っている葛根湯のエキス(顆粒)を、常にカバンの中に入れておきましょう。

そして

「あれっ、ちょっと背中に寒気が…」

と思ったら、飲む。できるだけ早く。

葛根湯を飲むタイミング

ぞくぞくとした寒気以外の、葛根湯が効く時期のサインとしては、

肩から首のつけ根にかけてのこわばり

も、風邪が入ってきた目安になります。

今晩のおかずを買うついでに、
ドラッグストアに寄ってみてください。

ビンに入った葛根湯は家の常備薬にして、粉状になったものをカバンに入れておきましょう。

そして、ヤバいな…と思ったら

さっ!

と飲めるようにしておきましょう。

スピードが大事です。

簡単な風邪の予防法

ぞくぞくっとするのは、
今まさに、
風邪を引いたというタイミング。

では、いったい風邪って、どこから入ってくるのか。

「鼻や口から」

というのが西洋医学的な診方なのですが、
東洋医学では

「首から」

といわれています。

そのため、首のまわりには

風池 風門

など「風」の字のつくツボがあって、風邪を引いた時に治療に使います。

ですから、風邪を引かないように予防するには

【 首 】

を守ることが大事。

どうやって風邪の侵入を防ぐのか

ウイルスや細菌が身体に入り込みやすいのは、
皮膚や粘膜が乾燥して、しかも温度が低い状態のとき。

免疫がてきめんに下がるので、身体の抵抗力が落ちて、風邪を引きやすいんですね。

だから風邪は冬に多いんです。

あなたがもし、

「今は絶対に風邪を引くわけにはいかない!」

という大事な時期なら、首を冷やしたり風に当てたりしないように

襟のある服か、マフラー、スカーフなどで、首を風邪から守りましょう。

生地が薄くても、直接風や冷気に当てないだけで、全然違います。

まとめ

治療家のなかには、風邪がすべての病の元になっているとする方もいらっしゃいます。
また最近では、ストレスや食生活の影響で、風邪が重症化するケースも増加傾向です。

たかが風邪と軽くみないで、まずは首を守って予防ましょう。
そして、引きはじめなら、葛根湯がおすすめ。

セルフケアで、風邪に負けないようにしましょう!

 

関連記事

  1. 【姿勢タイプ別】あなたに合った便秘体操でスッキリしましょう

  2. 「ウイルスに負けない!」免疫力を発揮するセルフケア

  3. 便秘による腰痛がすっと楽になる方法【ツボ・体操】

  4. 寒くても首・肩がこらない方法

  5. 痩せるためには ①冷え性対策 ②代謝アップの2つが大切な理由…

  6. 歯ぎしり・食いしばりの原因って?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP