1. TOP
  2. 足のむくみを解消するツボの見つけかた【鍼灸師がわかりやすく教えます】

足のむくみを解消するツボの見つけかた【鍼灸師がわかりやすく教えます】

 2016/12/18 ダイエット 健康  
足のむくみ

こんにちは、『キレイの実』編集長&鍼灸師の伊東 歩です。

足のむくみを取りたいんだけど、効くツボってありますか?と、クライアントさんに聞かれることがよくあります。

そんな便利なツボがあるなら、わたしにも教えてよ!

夕方になると脚がパンパンだし、靴もキツくなるし、立ってても脚が張って辛いの。
足のむくみを取るツボって、どこにあるの?

つらそうですね…。
分かりました。鍼灸師として実際に現場で使っている、足のむくみ解消のツボを、写真でわかりやすくお伝えします。

効果の高い順に並べましたので、気になるツボを刺激してみてくださいね。

足のむくみの原因

  • 慢性疲労
  • 立ちっぱなし
  • 胃腸機能低下
  • 血流の悪さ
  • 脚・骨盤の歪み
  • 生理
  • 食生活
  • 腎機能低下

ためしに、下半身の血流を良くする次のような歩き方をしてみてください。

これだけでも、結構むくみが改善するはずです。
が!実際に施術をしていて即効性があるのは、水分代謝を左右する

  • 腎機能アップ
  • 胃腸機能アップ

この2つの機能を上げるツボをご紹介します。

さらに、治療院で行っている【脚の歪み修正エクササイズ】をセルフケアでやってもらうと、さらに脚がスッキリ。記事の後半でお伝えしますね。

お楽しみに。 

足のむくみを解消するツボ

その1 陰陵泉(いんりょうせん)

tubo-inryou-bone
足のむくみを取るならココ、陰陵泉(いんりょうせん)。
膝の内側、ななめ下にあります。

うちのクライアントさんにも人気のツボ。
むくみで悩んでいる人からは、
「このまえ、膝の下のツボ効いたから、またお願いね!!」
とリクエストがあるくらいです。

では、場所を一緒に確認しましょう。
足のむくみを取るツボ「陰陵泉」の場所の探し方
まずは、内くるぶしを探しましょう。

むくみに効くツボ、陰陵泉の場所
つぎに、内くるぶしから骨の端っこをズズズッと上にたどっていく。
すると、膝の手前あたりでカーブが始まります。そのカーブの内側に、陰陵泉があります。

このツボは、少し強めに押した方が、デトックス効果アリ
骨の内側にえぐるように、押してみましょう。

1分くらいで充分です。

もうちょっと水分の排出効果を上げるなら、スプーンやペン先、天然石などを使うといいですよ。
白系がおススメ。
足のむくみを取るツボ「陰陵泉」を天然石で刺激
とがった先を当てたり…

足のむくみを取るツボ「陰陵泉」をスプーンで刺激

スプーンなどで骨の境目をなぞると、すごくいいです。
注意点としては、動かす方向は、上向きの一方通行で。

このくらいすると、眠っていた水分排出機能がムクムクっと目を覚まします。
そこで、せっかく復活したデトックス機能をキープするために、ツボになにか貼っておきましょう。

足のむくみを取るツボ「陰陵泉」に耳つぼジュエリー
スワロフスキーを使った、ツボ刺激グッズもネットで買えます。
米粒を絆創膏で貼るのもいいですよ。

その2 交信(こうしん) 水泉(すいせん)

この2つは、腎機能を高めて、下半身の血液やリンパの流れを良くしてくれるツボ。
疲れて家に帰っても、「もうひと頑張り!」という元気が湧いてくるツボです。

足のむくみに効くツボ「交信」の場所

一緒に場所を探しましょう。まず、【交信(こうしん)】
足のむくみに効くツボ「交信」の見つけ方
まず、内くるぶしを探しましょう。山のようになっていると思うので、そこに人差し指を置きます。

足のむくみに効くツボ「交信」の見つけ方5
人差し指の上に、親指の横端を置き、
足のむくみに効くツボ「交信」の探し方3
さらにもう一本、親指を並べます。

足のむくみに効くツボ「交信」の探し方2
2本目の親指の上は、ちょうど骨と柔らかい部分の境目になっているはず。

足のむくみに効くツボ「交信」の探し方1
その境目の、柔らかい側に「交信」があります。境目ギリギリでなくても大丈夫。

ここは、陰陵泉と違って、やさしく押してあげましょう。
皮膚がちょっと凹むくらいの圧で、1分くらい。

先ほどと同じように、スプーンやペン先、天然石もおすすめです。

足のむくみに効くツボ「交信」をペンで刺激
足のむくみに効くツボ「交信」を天然石で刺激
写真の石は、このツボと相性の良いオレンジカルサイト。
ココと、次の「水泉」は生理痛にも効くツボなので、血液の滞りが取れて、足からお腹にかけてジンワリと温まるのを感じます。

では、つぎは 【水泉(すいせん)】
足のむくみに効くツボ「交信」の場所
水泉は、交信の下にあります。

むくみを取ってくれるツボ「交信」の場所説明
交信を骨の境目に沿って下がると、内くるぶしを超えたあたりで何となく指が止まる所があります。
境目がぼやける感じですね。
その、ぼやける手前の、骨と柔らかい部分の境目が残っている所が「水泉」

ここも、指で軽く押すか、スプーンなどを当てたまま1分くらいキープです。

足のむくみに効くツボ「交信」をスプーンで刺激
足のむくみに効くツボ「交信」に天然石の棒
スプーンや天然石の棒なら、「水泉」と「交信」を繋ぐように撫で上げてみましょう。下から上です。
一気にツボが刺激されて、効果倍増です。

仕上げに、何か刺激になるものを貼っておきましょう。
足のむくみに効くツボ「交信」に耳つぼジュエリー
足のむくみに効くツボ「交信」に耳つぼジュエリー
うまく効いてくると、足全体が軽くなったのを感じます。水って結構重いので、流れ出すと体感として軽さを感じやすいんです。

人によってはジンワリと温かさを感じることもありますが、すぐに感じなくても大丈夫。
カラダの奥のほうで働いてくれるツボなので、時間差でやってきます!

さあ次は、お腹のツボ。
ここは、足のどの部分が張っているのかで、使うツボが変わってきます。

まず、足の後ろ側、ふくらはぎが張るという人は、このままお読みください。(足の前も後ろも張ってツライ…という人は、両方とも刺激してみましょう)
足の前側が張る人は、「不容(ふよう)~水道(すいどう)」へ飛びましょう ≫≫

その3 水分(すいぶん)&中極(ちゅうきょく)

まず、お腹のデトックス効果もあるツボ 【水分(すいぶん)】
顔や脚のむくみを取り、下半身を引き締めるツボ「水分」の場所
水分は、おヘソから親指の幅1本ぶん上にあります。

顔や脚のむくみを取り、下半身を引き締めるツボ「水分」の見つけ方
顔や脚のむくみを取り、下半身を引き締めるツボ「水分」の見つけ方
顔や脚のむくみを取り、下半身を引き締めるツボ「水分」の場所
水分という名前のとおり、このツボはカラダに必要無い水を分別して、デトックスしてくれる便利なツボ。
ここはグリグリせずに、やさしく押してあげましょう。

顔や脚のむくみを取り、下半身を引き締めるツボ「水分」に天然石で刺激
スプーンや天然石を使うと、より排出効果up!青緑系がおすすめ。
ここも、だいたい1分くらい当てればオッケー。

顔や脚のむくみを取り、下半身を引き締めるツボ「水分」に耳つぼジュエリー
仕上げに、ペタッ。

さらに、スプーンを使って中極(ちゅうきょく)というツボと合わせて刺激すると、とても効果的。
「中極」は、泌尿器系に良いツボで、尿で余分な水分を出してくれます。

【中極(ちゅうきょく)】は、おヘソの下。ちょうど恥骨の少し上くらいにあります。
そこから、先ほどの「水分」に向かって真っすぐ撫で上げてみましょう。
顔や脚のむくみを取り、下半身を引き締めるツボ「水道」
顔や脚のむくみを取り、下半身を引き締めるツボ「水道」
写真では服の上からですが、皮膚直接のほうが良いですね。
スプーンや天然石のマッサージ棒などを使ってで、軽くこすってみましょう。
10~20回くらい、下から上に向かって軽くなでるだけで大丈夫です。

どうでしょう、できました?
もし、脚の後ろだけが張って、前側はそうでもない…という人は、脚のポンプ機能を復活するエクササイズ≫≫に飛びましょう。

脚の前側も張ってツラいという人は、次のツボも参考になりますよ。

その4 水道(すいどう)&不容(ふよう)

【水道(すいどう)】
脚・顔のむくみを解消するツボ「水道」の場所の説明

「水道」は、名前が表しているように、水の通り道。
イメージとしては、腎臓から要らない水分を膀胱に引っ張ってきて、尿としてカラダの外に出してくれるという命令を、この水道というツボはしています。

いっしょに探してみましょう!
顔や脚のむくみを取り、下半身を引き締めるツボ「水道」の探し方
まず、おヘソから親指2本分ほど外側のところに指を置きましょう。

顔や脚のむくみを取り、下半身を引き締めるツボ「水道」の探し方
置いた指の下に、手のひらを当てます。

顔や脚のむくみを取り、下半身を引き締めるツボ「水道」の見つけ方
で、小指の先までひょいっと超えると、そこが…

顔や脚のむくみを取り、下半身を引き締めるツボ「水道」の場所
水道(すいどう)です!

ほかのツボと同じように、やさしく指で押すか、スプーンや天然石を当てて1分。終わったら…

顔や脚のむくみを取り、下半身を引き締めるツボ「水道」に耳つぼジュエリー
ペタッ。

さらに要らない水分をデトックスしたいなら、「不容(ふよう)」というツボと繋げてみましょう。

その5 不容(ふよう)

「不容」は、へそから親指2本分外側のラインが、肋骨と交わるところにあります。
その不容からスタートして、先ほどの「水道」に向かって下に撫でてみましょう。

足や顔のむくみを取るツボ「水道」をスプーンで刺激
足や顔のむくみを取るツボ「水道」を天然石で刺激
回数は10~20回ほどで大丈夫。腎→膀胱のルートを活性化するように命令が出ますので、余分な水分がドバっと出ます!

足のむくみを取る体操

脚が歪んでいると、血液やリンパ液の流れが悪くなり、むくみの原因となります。
ここでは、簡単に、しかもしっかりと脚の修正ができるエクササイズをご紹介。

それは、【つま先立ち体操】

便通をよくするつま先立ち体操のコツ

壁に手をつけて、つま先立ちになるだけ。
ご自分のペースで良いので、かかとを上げ下げしてみてください。

そのときのコツは…

便秘解消するための、つま先立ちのやり方

親指のつけ根を意識して、かかとを持ち上げてください。
このエクササイズは、親指を軸に脚の内側(内転筋)の筋肉を使うので、自然と脚の捻じれが取れてきます。

ダイエットも兼ねたいひとは、かかとを上げながら息を吐いて、思い切り下腹を凹ませましょう。

tumasakidach-3

仕上げに腰を温めると、さらにむくみが取れてきます。
「小豆カイロ」で温めると効果up!!
足のむくみ、便秘を解消する小豆カイロの説明
小豆カイロの作り方は、こちらを参考に。
【縫わない小豆カイロ】の作り方 「450円で出来た!」

ここを温めると、足のむくみだけでなく、便秘・生理痛といった女性の悩みも改善してくれるので、とってもおススメです。

また、下半身に限らず、もっと水分代謝を良くして、全身スッキリしたいという人は、こちらの記事も参考にしてくださいね。
水太りを解消!頑張るほど水分代謝は下がっちゃうの? ≫≫

ツボでも体操でも改善しなかったら

お伝えしたツボをためしてみて、あまり変化がないようでしたら、以下のことが考えられます。

  • 下肢静脈瘤
    足から血液が戻る血管(静脈)の逆流防止の弁が壊れていることも。そのために血液が溜まりやすく、水分が血管からあふれ出してしまいます。

    見た目で分かりやすく、血管がボコボコと浮き出たり、紫色のクモの巣状に見えたりすることで、気が付くことがあります。

  • 肝臓
    血管から水分が漏れ出てしまう原因に、アルブミン不足があります。

    アルブミンは、血管の中に水分をキープする役割があるのですが、これは肝臓で作られています。そのため、疲れやストレス、あるいは炎症などで肝臓が弱ると、アルブミンがうまく造れない。

    むくみ以外に、顔色が青黒くなってきた・以前より疲れやすい・右の脇が張って痛むなどの症状があることも。

  • 腎臓
    腎臓は血液をろ過して、必要なくなった水分を膀胱経由で尿として出す臓器。疲れや外傷、感染症などによって機能しなくなると、むくみが出る場合があります。

    腎臓の異常は、尿の色やにおいで気が付くことも。

  • 心臓
    血液を循環させているポンプ、心臓。何らかの原因で、心臓の働きが弱っていると、足だけではなく全身にむくみを起こすことがあります。

    胸苦しさを感じることもあれば、無自覚でむくみだけが起こることも。

以上のように、生活自体は以前と同じなのに、突然むくむようになったり、慢性的なむくみが続いている場合は、内科などのドクターの診断を仰ぎましょう。

まとめ

足のむくみを解消するには、ツボが手軽でおススメです。

頑張っている女性にとって、一日の終わりに足がむくんでしまうのは、ある程度しょうがないかも知れませんね。
でも、ツボを使って少しでもラクになって、ホッとした夜くらいは、自分のための時間を楽しんでもらえればと思います。

そして、明日からまた、頑張りましょう!!

\ SNSでシェアしよう! /

女性の悩みを専門家が解決! キレイの実®の注目記事を受け取ろう

足のむくみ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

女性の悩みを専門家が解決! キレイの実®の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!