1. TOP
  2. 寝ながらストレッチで下半身ダイエット【美容整体師が選んだたった一つの方法】

寝ながらストレッチで下半身ダイエット【美容整体師が選んだたった一つの方法】

 2017/01/07 ダイエット  
反り腰

こんにちは、『キレイの実』編集長&鍼灸師の伊東 歩です。

先日クライアントさんから「下半身が太くて困ってるんだけど、寝ながらできるエクササイズとかってありますか?」と聞かれました。

女性って、どうしてこう「寝ながら」が好きなんでしょう…

だってさ、仕事で疲れてるときに、がっつりエクササイズとかってちょっと面倒くさいのよね。わたしもさ、お尻とか太もものダイエットしたいんだけど、寝ながらできることってあるかしら?

そうですね…。下半身太りの原因として、骨盤のゆがみがあります。とくに「反り腰」のひとは、お尻や太もも、そして腰回りにお肉がつきやすい。

ですから骨盤が反った状態を整えると、ぽっこりお腹もふくめて、下半身全体がスッキリしてきますよ。
そのためのストレッチなら、寝ながらできちゃいます。

えっ、そうなの?
じゃあ、それさっそく教えてよ!!

わかりました。
まず、あなたの骨盤のタイプをチェックして、それから下半身が痩せるための、寝ながらできるストレッチをお伝えしますね。

寝ながらストレッチが効くかどうかのチェック

今回おつたえするのは、骨盤が反っている「反り腰」タイプのひとにピッタリのストレッチ。

あなたの腰は、どんなタイプでしょうか?
腰痛や肩こりにも関係してきますので、せっかくですから▼こちらの動画▼か、その下の記事を参考に、姿勢チェックしてみましょう!

正確にご自分の姿勢タイプを知りたい方は▼こちらの記事▼へ
反り腰のチェック方法 「反り腰には2つのタイプがあるんです」

下半身太りの原因は骨盤にあった

影響その1 お尻が大きくなる

腰が反っている状態というのは、ほとんどの場合骨盤が前に傾いています。
IMG_1920のコピー
そうなると、骨盤の下半分が横に広がるので、お尻が大きく見えてしまいます。欧米人女性のお尻をイメージすると、分かりやすいかもしれませんね。

しかも、骨盤についている大腿骨(太ももの骨)がくるっと回転してしまい、大転子という所が横に出っぱってしまう。そのために、さらにお尻が広がってしまうのです。

デニムを履くとき、よく引っかかるのはコレが原因。

「ダイエットをしても、お尻がなかなかスッキリしない…」と感じることはありませんか?
このタイプの人は、骨格自体が横に広がっているので、特にお尻が痩せにくいのが悩みのタネ。

影響その2 下半身太り

この状態が続くと、骨盤のところでリンパ液・血液の流れが滞ってくるので、こんどは下半身太りに。
むくみなども、気になるようになってきます。

影響その3 腰回りのお肉(浮き輪肉)がつく

反り腰の状態は、横からみると前側が伸びて、後ろ側が縮んでいます。

反り腰だと腰周りの肉がつく説明

バランスのとれた腰と比べて、同じような肉付きだったとしても、背中側が縮んでいる分、余分なお肉として目立ってしまうんですね。

とくに、腰の横あたりに『乗っかった』ようなお肉を取るには
▼こちらの動画▼が一番効きます!

影響その4 上腹ポッコリ

「そんなに太っていないけど、なぜかお腹が出てる」

反り腰の人は、こんな風に感じることがあるかも。太っているというより、お腹を突き出しているんですね。
ちょうど、「キューピーちゃん」を思い出してもらうとイメージしやすいかと。

これは、骨盤が前に傾いているので、しょうがないとも言えます。

影響その5 ウエストが太く見える

先ほどお伝えしたように、骨盤が傾くと背中の筋肉が縮んでしまいます。
そのため、いつも筋肉が太く張っているんです。

ためしに、腕にチカラこぶを作ってみてください。肘を曲げてチカラを入れると、ぷっくりと膨らみますよね?

次に肘を伸ばしてチカラを入れてみましょう。硬くはなるけれど、さっきほど膨らまないはず。

腰を反った状態というのは、肘を曲げているときと同じ。
腰まわりの筋肉が、いつも硬く太く張っています。

そのため、ウエストが太く見えてしまうのです。
しかも、常にチカラが入っているので、腰が疲れやすく腰痛の原因にも。

下半身太り以外の影響

バストが小さく見えてしまうんです。
骨盤が前に傾いているひとは、カラダが前のめりになりやすいので、バランスを取るために猫背になっている方が多いんですね。

すると、猫背でバストが下がって、しかもお腹がぽっこり出ていると、バストとお腹が一体化。
ボディラインにメリハリがなくなり、見た目でかなり損をしてしまっています。

ここまで、いくつか影響についてお伝えしました。
あまり「聞きたくないっ!」ことだったかもしれませんね…

でも逆にいうと、このような人は寝ながらストレッチで骨盤を整えると、バストからウエスト、そして下半身にかけて綺麗なラインを取り戻すことができるんです。

なに?
本当でしょうね。
適当なこと言ってると、承知しないわよ。。。

下半身ダイエットに効く「寝ながらストレッチ」のやり方

お尻~腰~背中の筋肉がいつも張っているのが、反り腰の特徴。

これを放っておくと、骨盤をどんどん引っぱってしまい、歪んだまま固まってしまうことに。
ですから、張った筋肉をたまにストレッチで伸ばしてあげると、お尻や太ももなどの下半身のダイエットにぴったり。

簡単ですので、ぜひ寝ながらやってみてくださいね。

寝ながらできるストレッチ

夜、寝る前に布団の上でやるといいですよ。
まず横になって、手で膝を引き上げます。
便秘を解消する抱え込み体操の右足
このとき、お尻が伸びているのをしっかり感じてくださいね。
次は、逆の脚を。

便秘解消の抱え込み体操の左足

さいごは、両足。
ぐーっと腰が伸びるのを感じましょう。
便秘解消の抱え込み体操の両足

やり方のコツは、動画を参考にしてみてください。
慣れてくると、腰とお尻の筋肉が伸びて、スゴク気持ちいいですよ。

そして、終わったあとは下半身の血流が良くなるので、脚の冷えにも効果的。
続けてみてくださいね!

まとめ

下半身のダイエットにぴったりの「寝ながらストレッチ」。簡単でしょ?

施術をしていて感じるのは、本当はそんなに太っていなくても、見た目で損をしているひとが多いってこと。

ですから、今回おつたえしたストレッチを、ぜひ続けて欲しいと思います。

\ SNSでシェアしよう! /

女性の悩みを専門家が解決! キレイの実®の注目記事を受け取ろう

反り腰

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

女性の悩みを専門家が解決! キレイの実®の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!