【水毒】をデトックスして花粉症をちょっと楽に

東洋医学で観る花粉症

花粉症を東洋医学的な観点からみると、

水毒

が原因のひとつ。

水毒とは、リンパ液を含めた体液循環が滞った状態ですね。

気・血・水の流れが大切

東洋医学では

気・血・水

が滞りなく循環していると健康を維持できると考えています。

そのなかで、

は全身に栄養を送り届け、逆に

は全身から老廃物を回収するのが主な役割です。

下水道が詰まっている『水毒』

下水道である『水』が滞ると、不要物が腐熟。つまり水質がどんどん悪くなり、その水自体に身体が拒否反応を示すように…


これが、アレルギーであり、花粉症として表に出てきます。

 

今回のyoutubeライブでは、そんな水毒を溜めこみやすい体質の人が、ちょっと楽になるためのセルフケアをお伝えします。

具体的には量子場調整とワカメ体操。とっても簡単なので、ぜひおためしください。

まとめ

東洋医学的には、水毒状態があると花粉症が酷くなりやすいです。

身体の中の体液循環が滞った水毒は、放っておくとどんどん悪化。さまざまなアレルギー反応を連鎖的に引き起こします。

いちばん簡単な水毒の排出方法は、

運動

すること。ご紹介したワカメ体操は、身体の隅々の体液が動きますので、ちょっとやってみるといいですよ。

関連記事

  1. 虫歯

    目の下のたるみを「今すぐ」取りたいなら、耳をつかんで【リンパ…

  2. 足湯の適温は40度!【ツボを温めて芯からポカポカ】

  3. 肩の揉み返し対処法【冷やすか温めるか現役鍼灸師が早く回復する…

  4. お腹のツボ

    『たけしの家庭の医学・漢方SP』に出た便秘のツボ【足三里・合…

  5. 手足が冷たい! 末端冷え性にオススメの体操があります

  6. ぎっくり腰が「ちょっと」楽になる方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP