家族の病気と罪悪感 その1

なやみ

自分の息子
自分の娘
自分の弟・妹
自分の兄・姉
自分の両親

が病気になったとき。

「それは、本人の問題」

と心の底から言いきれるひとは少ないと思います。

母親の罪悪感

言葉には出さないけど

ウチは治療院なので、当然ですが病気の方が来院されます。

そのなかでも、親御さんと来院される率が多いのが、アトピー性皮膚炎で困っているクライアントさん。理由は…

ご両親、とくに母親が
アトピーの改善に対して積極的だから。

「積極的」という言葉は、そぐわないかもしれません。
ポジティブな動機ではないので。

色々とお話を聞くと、そこには子供を産んだ母親としての

罪悪感

を感じるのです。もちろん言葉には出ませんが、感じるのです。

それは、わたし自身の感情も入り交じっているかもしれません。

全ては私の責任

弟が統合失調症だと知ったのが、28歳のとき。
それまで好きなように生きてきた自分にとって、大きな事実でした。

そのとき、何を思ったか。

「自分の何が悪かったんだろう」
「もっと話を聞いてあげればよかったのか」

など。兄弟でさえこう思うのですから、生みの母親であれば言わずもがな。

全ては私の責任

と思ってしまっても無理はないと思います。

このような、家族が病気になったときに、その家族が

勝手に

背負ってしまう責任や罪悪感については、すごく根深いと感じます。
私自身、まだまだそれをクリアにできていないです。

ですから、今後もこのテーマについて、考えていきたいと思います。

関連記事

  1. 寝違えをできるだけ早く楽にするツボ【鍼灸師が現場で使うツボは…

  2. 痰が絡んだ【しつこい咳】に漢方薬をためしてみましょう

  3. 足湯の適温は40度!【ツボを温めて芯からポカポカ】

  4. お腹のツボ

    鍼灸師おすすめ【便秘解消ツボ】の見つけかたを解説します

  5. 脚が冷えるのは【ふくらはぎ】が硬いからかも

  6. 【水毒】をデトックスして花粉症をちょっと楽に

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP