【頑固な便秘用】大腸の動きを助けるセルフケア

便通が悪い原因

「いろんな薬を飲んでもダメ」
「体操もやってるんだけど…」
「食物繊維だって摂ってるのに」

それでも、なかなか改善しない頑固な便秘。
便通が悪くなる原因は、いくつかあります。

・腸の蠕動運動が弱い
・骨盤と背骨の影響
・自律神経の乱れ
・大腸の乾燥
・位置がズレている

軽い便秘の場合は、上記の原因のひとつだけという場合もあります。

でも頑固な便秘だと、複数の原因が重なっていることが多いです。

とりあえず腸を動かそう

根本的な原因を探して、改善していくことはとっても大事。

でも…

施術をしていて感じるのは、とくに便秘の場合、根本原因の根深さ。

 

そう、根深いんです。

なかなか変化が出ない。

そして続かなくなる。

ですから、頑固な便秘の場合

・根本原因の改善

・とりあえず腸を動かす

という両面からのアプローチがおすすめです。

 

今回のyoutubeライブでは、『とりあえず腸を動かす』ためのセルフケアをお伝えします。

具体的には、量子場調整®とワカメ体操。

 

ちょっと動きを後押ししてくれる量子場調整で腸を刺激して、そのあとワカメ体操で外側から動かす。

こんなアプローチをためしてみましょう!

まとめ

頑固な便秘は、原因が根深いことが多いです。

そのため、原因へのアプローチだけでは続かない場合も…

そんな頑固な便秘で困っている人は、

とりあえず腸を動かす

という方法もためしてみましょう。

そこから変化が起こるかもしれませんよ。

関連記事

  1. 足湯の適温は40度!【ツボを温めて芯からポカポカ】

  2. 冷え性を温めるなら【自宅でお灸】鍼灸師が安全なやり方とコツを…

  3. 足が冷えて眠れないなら【爪ツボ】が効く!

  4. ギャップ萌え

  5. 肩への直接灸

    お灸の選び方「どのくらいの熱さがいいの?」

  6. 筋肉の痛みは「冷やす?」「温める?」どっちがいいのか

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP