くすみ肌&目下の「くま」を透明感ある肌に!

肌がくすむ原因

「肌の色がくすむ」
「目の下のくまが気になる」

この2つのお悩み、じつは同じ原因なのです。それは…

血流。

そして、

酸欠。

血液の色の違い

血液の流れが滞ると、血液自体の色がどんどん濃くなります。

以前は鍼灸治療でも

しゃ血

といって、鍼を使って指先から出血させる方法を行っていました。

そのときの、血液の色。

健康な人は鮮やかな明るい赤色なのですが、身体に不調がある人は

ドロッ

としていて、

赤黒い

血液が出てきます。

今ではこの方法はダメなのですが、同じような観点で

吸い玉

が使われています。

顔は血流の窓

このように、人によって血液の色や粘度はずいぶん違うんですね。


ですから、身体の中で皮膚の厚さの薄い顔は、血液の状態が表に出やすい部分。

とくに眼の下は、

血液の窓

とも言えます。

セルフケアで透明感を

では、どうやったら肌のくすみと、目の下のくまに透明感を取り戻すことができるのか。

それは、

・首と肩を緩める
・呼吸を深く

の2つ。

お顔の外側からのアプローチはいろいろありますが、身体を健康にしながら肌色に透明感を持たせるなら、この方法がおすすめです。

動画で分かりやすく

お顔の血流の滞りの原因になりやすい、首と肩を緩める。

そして、深く呼吸を吸って酸素を血液に含ませる。

これができるように、今回のyoutubeライブで量子場調整®とワカメ体操をご紹介しています。

まとめ

肌のくすみと、目の下のくま。

このお悩みをセルフケアで解決するなら、

・首と肩を緩める
・呼吸を深く吸う

の2つがポイントです。

関連記事

  1. 瞑想で集中力があがるのは【アルファ波】がたっぷり出るから

  2. ストレスによる【女性特有のむくみ】解消法は美容鍼灸師が知って…

  3. 足のむくみ

    高いヒールを履いても転ばないための即効セルフケア【施術歴25…

  4. 寒くても首・肩がこらない方法

  5. ぎっくり腰になった時の『楽になる姿勢と寝方』

  6. 瞑想のときの姿勢は「床に座る」「イスに座る」「寝っ転がる」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP