便秘と背骨

お腹のツボ

背骨が硬いと…

今日のクライアントさんは、20年前に事故で背骨を骨折したSさん。
現在も背骨にプレートは入ったまま。

そのため、背骨全体が「カチッ」と硬くなってしまいます。

背骨が硬いと、連動している自律神経がうまく働かないことが多いです。

たとえば、腰の骨が硬い人はウンチが出にくいとか。

Sさんもやはり、かなりの便秘さん。
調子が悪いと、手のひらが黄色くなってしまいます。

で。

こんなケースは普通、腸を動かしている自律神経の大元である

背骨

を調節します。

便秘の原因をみつけて、そこを治療しようというわけですね。

でも…Sさんは、

  • 背骨の歪みを整えても
  • ツボを刺激しても
  • 直接腸にアプローチしても

改善しない。

こんなときは、『量子場調整®』。

まずは観察

Sさんの量子場を観察すると、

「みぞおちが苦しい…」

感じ。

「呼吸が浅いって感じることありますか?」

Sさん「いえ、全然っ」

マジか… まあいいや、調節してみよう。

量子場調節っ

みぞおち辺りの重さをクリアにすると、前かがみだった全体のバランスが整う。
こちらで観察しても、いい感じ。

「どうですか? ちょっと息が吸いやすくなってませんか?」

Sさん「たしかに! さっきより空気が入りますっ」

便秘と呼吸

もしあなたが便秘で困っていたら、呼吸をチェックしてみてください。

東洋医学でも

大腸

は表裏一体。陰と陽の関係。

呼吸が深くなると、便通まで変わることはよくあります。

便秘となると、食事やサプリ、腸内細菌に目がいきがちですが、ちょっと

呼吸

に意識を向けてみましょう。
女性なら、ちょうどブラのホック位置あたりを中心に

カラダをひねって便秘に効くストレッチ

左右に身体をひねってみてください。
それだけでも、少し呼吸が深くなります。

横隔膜が動きやすくなると、がどんどん刺激されますよ。

おためしください!

  • 身体
  • メンタル

の両面を量子場調整を使って

自分

整えられるようになりたい!
という人にオススメなのは、こちら。

身体の悩みを自分で解消する講座

個別レッスンで、丁寧にお伝えしています。
(遠隔でもオッケー)

関連記事

  1. 上手に汗をかいて「ほてり・のぼせ」を爽やかにしましょう

  2. パニック発作の内側で起こっていること

  3. 歯ぎしり・食いしばりの原因って?

  4. 【対ウイルス】免疫の最前線である粘膜機能を上げよう

  5. 眼の疲れを【ちょっと】軽くする方法

  6. 手足が冷たい! 末端冷え性にオススメの体操があります

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP