瞑想に集中しやすい音楽は…「愛の周波数」だった!

aisatuwakuwa

[surfing_voice icon=”https://kireinomi.com/wp-content/uploads/2016/09/kao-tameiki.gif” name=”” type=”r” bg_color=”” font_color=”000000″ border_color=”e0c38c”]

最近、瞑想をはじめたんだけど、雑念ばっかりか、寝ちゃうかのどっちかなのよね…
何かこう、集中しやすくなるような音楽ってないかしら?[/surfing_voice]

[surfing_voice icon=”https://kireinomi.com/wp-content/uploads/2016/09/skao-ok2.gif” name=”” type=”l” bg_color=”f8f4e6″ font_color=”000000″ border_color=”f8f4e6″]

慣れないうちって、そうですよね。
わたしもそんな感じでした…
音楽って空気の振動、つまり波なので、脳波をアルファ波やシータ波にするには良い助けになりますよ。

この記事では、瞑想に集中しやすいおススメの音楽について、お伝えします。[/surfing_voice]

右脳に響く音楽を流す

音楽を聴くと、論理的な左脳から、感覚的な右脳へバランスが移ります。
言葉や文字情報を処理する左脳が活発だと、どうしても雑念が浮かびやすいので、音楽のチカラをかりて右脳にシフトしましょう。

瞑想用の音楽は、たくさんあります。
自然の音を利用したものや、一定のリズムを刻む音楽。シンギングボールという倍音を奏でるものも、自然と深い瞑想に入りやすいですね。

また、ヘミシンクといってオーディオ信号を組み合わせることで共鳴を起こし、左脳と右脳を同調させるようなものまで。(私はシリーズ全巻購入しました…)

[surfing_voice icon=”https://kireinomi.com/wp-content/uploads/2016/09/skao-ok2.gif” name=”” type=”l” bg_color=”f8f4e6″ font_color=”000000″ border_color=”f8f4e6″]

音を使うといえば、私はたまに、チベタンベルを鳴らしています。
風鈴みたいに「チーン…」と音が鳴るんですね。

その「チーン…」に集中してずーっと音を追いかけるのですが、音が鳴り終わるとき、今まで求めていた音が無くなって、空白になる瞬間ができます。
「あれ、自分って何やってたっけ?」みたいな。

私は元々、左脳人間。雑念だらけ。
ですが、そんな私でもコンマ何秒、無の感覚を知ることができる方法が、これなんです。
[/surfing_voice]

もし、集中できないときは、音自体に意識を合わせるのも、ひとつの手。
その場合は、変化に富んだ音楽よりも、できるだけ単調な「音」がおすすめです。

これからお伝えする「ソルフェジオ周波数」「シューマン波」は、ともに音自体に集中しやすいので、一度ためしてみてください。

愛の周波数はDNAを修復してくれる

最近では、愛の周波数と呼ばれる「ソルフェジオ周波数」が話題になりました。

有害物質やストレスによって損傷されやすいのがDNA。
さまざまな不調の裏にDNAの損傷があると言われていますが、そのDNAを修復してくれるのが愛の周波数なのです。

おススメの音:その1 「ソルフェジオ周波数」

DNA研究者のレオナルド・ホロヴィッツ博士の研究結果によれば、ソルフェジオ周波数の持つ、528Hzという周波数の音を聞くことで、DNAを修復しやすい環境をつくれるというのです。

元々カラダには、DNAを修復する自己治癒力があるのですが、その治癒力を助けてくれるのが、このソルフェジオ周波数ということ。

youtubeで探して聞いてみると、結構、頭が「ふわっ」としませんか?

この「ふわっ」とした状態で瞑想をすると、全体を見渡す高い視点からものごとを捉えることが、普段からできるようになります。

おススメの周波数:その2 「シューマン波」

対照的に、7.8Hzという低い周波数での瞑想もいいですよ。

この周波数は、ドイツの物理学者W.O.シューマン博士が発見した周波数で、俗に「シューマン波」と言われています。

ちょうどα(アルファ)波とθ(デルタ)波の境目で、地球自体が発している周波数であることから、「地球の脳波」とも。

川のせせらぎや風の音を聞くと7.8Hzの脳波になりやすく、深い瞑想状態へと入りやすくなります。が、寝てしまいやすくもなります。

純粋なシューマン波を実際に聞いてみると…

先ほどのソルフェジオ周波数が「ふわっ」としたのに対して、何となくお腹や下半身が揺さぶられるような「どっしり」とした感じがしませんか?

この「どっしり」とした状態で瞑想をしていると、普段の生活でも、他人の言葉に振り回されずに、「私はこう生きる」というような地に足の着いた状態でいられることが増えます。

考えるばかりで、一歩前に進めない人にもおススメですよ。

まとめ

このように、瞑想のときに聞く音楽や音によっても、自分の感じる感覚が違ってきます。

瞑想にとって、どの周波数や音楽が正解というのはありません。
洋服を着替えるような感覚で、「今日はこの音楽でいこうかな」という風に楽しみながらやっていると、続けられるようになりますよ。

集中力よりも、変性意識よりも大事なのは、継続力。
続けていれば、必ず新しい気づきがありますよ。

音楽以外にも、瞑想のヒントになることはたくさんあります。▼こちらの記事▼
『ガッテン!』で放送された瞑想で集中力・記憶力を上げる【初心者向け】も、参考にしてみてくださいね。

 

関連記事

  1. 瞑想のコツ【初心者向け】瞑想を続けられない理由を知りましょう…

  2. たけしの『家庭の医学』で放送した冷え性改善のツボ【三陰交】を…

  3. 夏の冷え改善には【貧血対策】がオススメな理由

  4. 寝違えたら「冷やす」「温める」早く楽になる方法はどっち?

  5. 猫背

    猫背改善には【かんたん30秒筋トレ】がオススメ。楽に続けられ…

  6. 反り腰

    注意が必要な【反り腰】かどうかセルフチェックしてみましょう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP