見た目年齢は「動作」からも伝わってしまいます

今日のセルフケア教室にて。

73歳の男性Uさん。
「昔はこうやって身体を使っていたなぁ」

なんだか、じーんとしてしまいました。

 

量子場調整は、ノスタルジーをも湧き立たせるようです。
Uさん、とっても喜んでいたので、よかった。

 

老化してくると、ひとつの動作が複雑になります。
以前は、高いところにある物を取ろうと手を伸ばしても、

腕だけが真っすぐに挙がる。

でも次第に、硬くなった肩の筋肉を補おうとして、

  • 身体をひねったり
  • 首をねじったり

という余計な動きが入ってくる。
すると、一つひとつの動作に

よっこいしょ感

が出ちゃうんですね。
見た目年齢というのは、単にお肌や姿勢だけでなく、動作からも伝わってしまいます。怖い…。

 

そこで量子場調整をすると、身体の軸が整い、筋肉の連動性もアップ。
よくある声として、

油をさしたようだ

という表現がしっくりくる身体へと、その場で変わります。
だから、みなさん面白がるんだろうな。

我ながら、いい仕事してるなぁと実感しています。

関連記事

  1. ぎっくり腰で起き上がれないときに【楽に立つ方法】を施術歴25…

  2. 「だるさ」が抜けないのは自律神経の乱れ?

  3. 顔のむくみを取るなら【首】をゆるめよう

  4. 肝臓に溜まった【ストレスサイン】をチェックしよう

  5. 瞑想ってどういう意味なの? 東洋医学の専門家がわかりやすく解…

  6. ぐっすり眠れるように… 量子場調整

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP